事例紹介(当社でお手伝いさせて頂いた実例紹介)

離婚きっかけの任意売却|連帯債務でもスッキリ解決

相談者 山田 弘司様(仮名)
年齢 28才
職業 会社員(製造業)
家族 無 (3年前離婚)
住所 名古屋市緑区

借入状況

借入金額 3,300万円
残債 2,500万円
月の返済額 13万円
税金滞納など 固定資産税など滞納有り

物件情報

物件の種別(戸建・マンション) 一戸建て
築年数 平成10年新築購入
間取り 4LDK・101㎡

相談時の状況(お支払いが出来なくなった理由)

当時、山田さんと奥様が共同で借入して購入。その後、行き違いが重なり離婚へ。奥様とお子さんは自宅を出て行ってしまい、広い家と住宅ローンだけが残ってしまう。山田さんはやる気を無くし、支払の意欲が無くなってしまい、滞納が始まった。

お客様のご希望

残債を減らしたい。離婚後に奥様が購入されたマンションに差押が入る事を避けたい。

当社を選んだ理由

ホームページを見て、実績がたくさんありそうだった。

解決までの流れ(ポイントになった部分)

ご夫婦で連帯債務者になっているケースでしたので、金融機関の担当者の方にしっかりと相談をしながら、最終的に合意をいただき、売却することができました。 前もってしっかりとお話しをお伺いすることができたので、その後の支払いなどのご相談、奥様の心配されている点を銀行の担当者と一緒に話しながら細かく決めていくことができました。

解決後のお客様からのメッセージ(ご相談者の感想)

そのまま競売になっていたら、金融機関と話し合いも出来ずに、一方的に安い金額で競売によって落札が決まっていたかもしれません。

本当に助かりました。

スタッフからのメッセージ

星野泰弘

奥様が離婚後、ご自身で新たにマンションを購入するために住宅ローンを組んでいらっしゃったので、今住んでいるマンションにも差し押さえが入ってしまうのではないかと大変ご心配されていました。

しかし、差押も入ることなく、売却までしっかりとお手伝いできました。喜んでいただけて良かったです。