事例紹介(当社でお手伝いさせて頂いた実例紹介)

学区を変えずに解決|自営業の経営悪化により・・・

相談者 新井 信幸様(仮名)
年齢 55才
職業 自営業
家族 妻(47才) 長男(20才) 次男(15才)
住所 愛知県豊田市

借入状況

借入金額 3,800万円
残債 2,900万円
月の返済額 13万円
税金滞納など 住民税滞納

物件情報

物件の種別(戸建・マンション) 一戸建て
築年数 平成元年 新築購入
間取り 4LDK・98㎡

相談時の状況(お支払いが出来なくなった理由)

自営業でご自宅の近くで酒屋を経営。近くにディスカウントショップが開店して売上が悪化。 ついには住宅ローンが支払えなくなる。

お客様のご希望

残ったローンを出来る限り減らしたい。引越代が欲しい。子供の学区を変更したくない。

当社を選んだ理由

愛知県住宅ローン110番が、社団法人の協会に入っているなど、安心できそうだったから。

解決までの流れ(ポイントになった部分)

奥様・息子さんもご不安を抱えている状況の中、まずはご家族と一緒にご主人とお話をすることになりました。現在置かれている状況、このまま放置するとどうなるか、今できる対策と行動を分かりやすく何回もお話しすることで、ご安心いただけました。

解決後のお客様からのメッセージ(ご相談者の感想)

電話をする前は「もうどうなってもいい」と半ばあきらめていました。担当の深水さんが、長時間に渡り、しっかりと話を聞いてくれたおかげで、私を含めて家族も不安をやわらげることができました。私の代わりに金融機関や役所への連絡などを行っていただき、感謝しています。

スタッフからのメッセージ

深水真奈美

中学生の息子さんがいらっしゃったため、通学の状況などを考慮しながら話を進めることができました。無事ご納得のいく引越先を見つけることができて良かったですね。