事例紹介(当社でお手伝いさせて頂いた実例紹介)

住み続けることができた|妻の入院で返済が困難に

相談者 近藤 彰様(仮名)
年齢 48才
職業 会社員(建設業)
家族 妻43才 長女11才 
住所 名古屋市北区

借入状況

借入金額 3,500万円
残債 2,000万円
月の返済額 12万5,000円
税金滞納など 住民税・固定資産税滞納有り

物件情報

物件の種別(戸建・マンション) 一戸建て
築年数 平成5年 新築購入
間取り 4LDK・91㎡

相談時の状況(お支払いが出来なくなった理由)

1年前から妻が病気になり、その入院が続いて仕事が断続的になってしまった。結果、収入が減ってしまい住宅ローンの支払いが滞るようになった。

お客様のご希望

できれば今の家に住み続けたい。

当社を選んだ理由

たくさんある会社の中で、いろいろと迷いましたが、電話でお話しして担当者の方の応対で決めました。

解決までの流れ(ポイントになった部分)

住み続けるためには、ご親戚、知人、投資家の方などに一旦購入して頂き、家賃を支払って住んでいく事ができるかがポイントです。当社から投資家の方々へアプローチして、良い条件を提示してくれた投資家の方が購入していただくことができました。結果、近藤様は、投資家の方に毎月家賃を支払う形で住み続けることができました。

解決後のお客様からのメッセージ(ご相談者の感想)

担当の岩附さんのおかげで、思い入れのある自宅に住み続けることができて本当に感謝しています。あの時もし、相談の電話をしなかったらどうなっていたことか・・・と思います。ありがとうございました。将来的には買い戻しも考えていますので、これからも家族でがんばっていきます。

スタッフからのメッセージ

岩附豊

近藤さんから早めにご相談をいただいたので、しっかりと準備をして金融機関の方、投資家の方などに交渉に当たることができました。ご希望どおりの結果になってうれしく思います。